自分に合う髪色を見つける方法

色の特性を知る

自分に似合う色がある

髪の毛と目の色というのは関連があると言われています。
いわくそれはメラニン色素の影響によるものですが、メラニン色素が濃ければ目の色も、髪の毛の色も濃くなるというわけです。
アジアや日本で黒髪や黒い目(瞳)が多く、金髪の人に青い目の人が多いのもそのような関係性からです。
パーソナルカラーという言葉がありますが、簡単に言えばその人にマッチした雰囲気を持つ色のことです。
髪の毛や目(瞳)、肌などの色を元にパーソナルカラーが決まり、それがその人だけが持つ個性(カラー)になるというわけです。
自分の生まれ持った色(髪の毛、目、肌など)の色をしっかりと把握することで、明るい印象になったり、健康的になったりすることができるヘアカラーを選ぶことができます。

目の色

先に書いたように髪の毛と目(瞳)の色は、とても関連が強いです。
黒や茶色の目が多いのが日本人と言われていますが見分け方があります。
周囲と瞳孔とのコントラストが少ないのは黒い瞳であり、コントラストがはっきりしていれば茶色の瞳です。
この瞳の濃さ(明るさ)から髪の毛の色を決めることもできます。
瞳の色から、プラスマイナス2ランクくらいが色が相性の良い髪の毛の色ということになります。
もちろん、面積のある顔のお肌の色も重要ですが、メイクとの相性もあると思いますので、まずは目(瞳)との組み合わせを記しました。
メイクによる肌の色を考慮すれば、さらに選ぶ色も異なり全体の雰囲気に合わせて髪の毛の色を決めることになります。


この記事をシェアする